当院の診療案内

インプラントロケーター

インプラントと入れ歯を合わせた歯科治療法

インプラントロケーター イメージ

外れない、よく噛める、痛くない総入れ歯を可能に

歯を全て失った場合、歯を補う方法としては、総入れ歯やオールオンフォーなどがあります。インプラントロケーターも歯を全て失った治療法の一つで、別名インプラント義歯やロケーター義歯とも呼ばれています。顎の骨に埋め込んだ2本のインプラントに留め具をつけ、その上に入れ歯を乗せて両者がしっかりと留め具で固定されることで、安定性に非常に優れた、使い勝手の良い入れ歯が可能になります。

インプラントロケーターはこんな方におすすめ

入れ歯が合わない方

のどを押させる女性
入れ歯が動いてしまう、外れてしまう、吐き気がして使いづらい、しっかりと噛めない、というようなお悩みをお持ちの方

取り外し式のものをご希望の方

歯科用品
入れ歯とインプラント部をできるだけ清潔に保てるよう、入れ歯を外して洗いたいという方

お身体の負担や費用を抑えたい方

計算機
お身体や金銭的な負担をできるだけ抑えて、使い勝手の良い入れ歯を入れたいという方

インプラントロケーターのメリット

1.入れ歯の欠点を克服している
インプラントと入れ歯がしっかりと固定されるため、入れ歯が外れたり、動いたりすることがありません。それゆえ、しっかりと噛むことができ、入れ歯が当たって痛みが出ることもなくなります。また、しっかりと固定されるため、入れ歯の面積を小さくすることができるので、吐き気も起こりにくくなります。

2.清潔を保ちやすい
入れ歯同様、ご自分で取り外しができますので、手入れがしやすく、入れ歯を清潔に保つことができます。また、インプラントをした部分のお掃除も簡単に効率よく行えます。

3.身体や金銭的負担を抑えられる
埋め込むインプラントの本数が最少2本でしっかりとした固定が得られますので、インプラント手術でお身体にかかる負担を少なくでき、金銭的にも大幅に負担を抑えることができます。オールオン4も負担を抑えられる治療法ですが、インプラントロケーターはインプラントの本数がさらに少なくて済むので、それ以上に負担を軽くできます。

4.お使いの入れ歯を利用できる
この治療法では、すでにお使いの入れ歯をそのまま加工して利用することができます。そのため、治療期間を短縮でき、余計な金銭的な負担もかかりません。

5.見た目が良い
歯がない部分に通常のインプラント治療を行う場合と比べて、見た目も良いのが特徴です。また、部分入れ歯をインプラントロケーターにする場合、それまでの保険の入れ歯の金具が必要なくなりますので、格段に見た目が良くなります。

インプラントロケーターのデメリット

1.お身体の状態によってはできない場合がある
インプラントロケーターは、インプラントを埋め込む必要性があるため、重度の全身疾患などで手術が行えない方にはできないことがあります。

2.保険の入れ歯に比べると高額
インプラントロケーターは保険が適用になりませんので、保険の入れ歯と比べると費用の負担が大きくなります。

3.取り外し式入れ歯が嫌な人には向かない
インプラントロケーターは取り外し式の装置ですので、いちいち取り外すのが面倒だ、という方には向きません。

4.お手入れがしっかりできない方には向かない
インプラントが埋め込んである部分は、ご自分の歯以上に丁寧に歯磨きをし、清潔を保つ必要があります。そうしなければ、インプラントの周囲に細菌感染を起こし、インプラントが脱落してしまいます。そのため、お手入れがしっかりとできない方には向きません。

インプラントロケーターの治療手順

1.インプラント埋入

手術の様子
顎の骨に最少2本のインプラントを埋め込みます。

2.ロケーターを装着

インプラントがしっかりと骨と結合したのを確認し、インプラントの頭部分にロケーターという留め具を装着します。

3.入れ歯にロケーターとくっつく留め具を埋め込む

入れ歯の内面に、ロケーターとくっつく留め具を埋め込みます。

4.入れ歯装着

微笑む女性
入れ歯を装着し、適合具合やかみ合わせなどを確認します。必要に応じて調整を行い、問題がなければ完了です。

5.メインテナンス

患者に説明する医師の様子
長期的にインプラントロケーターを快適に使っていただけるよう、定期的にメインテナンスを行っていきます。

インプラント関連MENU

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888