当院の診療案内

光機能化インプラント

光機能化インプラントでインプラントの成功率を大幅アップ

インプラント治療をより成功に導く画期的な技術

インプラントは骨と結合する性質があり、インプラントが骨とどれくらいしっかり結合するかということがインプラントの成功率を左右します。当院ではインプラントの成功率を高めるために、光機能化インプラント技術をいち早く取り入れています。

光機能化インプラントとは

光機能化インプラントとは、インプラントの材質であるチタンの表面に特殊な光を当てることにより、チタン表面をきれいにし、インプラントと骨との結合度を高めるという技術です。
インプラント手術を行う際は、もちろん新品のものを使用しますが、インプラントの素材であるチタンは、たとえ未開封であっても、製造から時間が経つにつれてだんだんと骨との接着が落ちてしまいます。
ですが実際、製造直後のインプラントをしようするのは輸送だけでも日数がかかりますし、不可能です。でも光機能化インプラント技術を使用すれば、インプラント表面を製造直後のような状態に戻すことが可能になり、インプラントと骨との結合を大幅に改善することができるのです。

光機能化インプラントでインプラントと骨の結合が劇的に向上

スーパーオッセオインテグレーション(インプラントと骨との劇的な結合)

インプラントに水をたらした写真
光機能化インプラントは、2009年に、アメリカUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の小川隆広先生の研究室によって発表された技術です。
小川先生の研究では、ある特定の光の波長をインプラントにあてることにより、インプラントと骨が約98.2%まで骨と接着する、スーパーオッセオインテグレーションをするということがわかりました。この骨とインプラントの接着率は、通常、光機能化技術なしの場合だと40〜60%程度だと言われていますので、非常に大幅な改善だということが言えます。
また、この技術により、インプラントと骨との接着スピードが今までに比べ4倍早くなることが分かり、治療期間の短縮も可能となりました。つまり、この技術はインプラントにとって大きな技術改革と言えるでしょう。

光機能化インプラントで「いつも新鮮なインプラント」が可能に

これまで、世界中の医師や歯科医師の間では、「インプラントは時間が経ってもその性能や性質は変わらない」というのが定説でした。実際、インプラントに水をたらすと右の写真のように水を弾き(疎水性)、これが世界中で普通だと思われていました。
しかし、工場で作られた直後のインプラントは、水との馴染みが非常に良いこと(親水性が良い)が分かり、時間とともに水とのなじみが悪くなっていくことが 研究により分かったのです。
それだけでなく、工場で作られた直後の新鮮なインプラントの周りには、多くの骨ができますが、時間が経ったインプラント(普通使用されているインプラント)では、 結合する骨の量が新鮮なインプラントと比べて半分ぐらいしか出来ていなかったのです。
もちろん、それでも十分な結果は得られていたのですが、さらに性能の良いインプラントを使うことができれば、インプラントが成功する確率は 大幅に上がるということです。しかし、実際のところ、工場から出荷する段階で、既に製造から数ヶ月たっている状況ですので、 作られてすぐのインプラントを使うことなど不可能なのです。
しかし、小川先生が発表された研究で、時間が経ってしまったインプラントに、特殊な光を当てることによって 表面がキレイになり、工場で作られた新鮮な状態を取り戻せるということが分かりました。この研究結果をもとに開発、実用化されたのが光機能化インプラントで、当院でもいち早く取り入れ、良い結果を出しています。

インプラント関連MENU

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888