当院の診療案内

審美的歯科治療

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

お悩みの例

自信をもった笑顔は美しく輝く歯から

白い歯の笑顔
審美的歯科治療とは、簡単に言うと『歯』を美しくするという意味です。
歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインやEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。
単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくする必要があります。

差し歯・詰め物の素材について

差し歯イメージ
審美的歯科治療は、虫歯や銀歯、入れ歯(義歯)などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。
ところが単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。
口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。
また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。
現在の審美歯科では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックなどが代表的なものです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックイメージ
人工ダイヤとも呼ばれるジルコニアから作られ、人工関節にも使われます。
自然で、金属アレルギーや変色はありません。奥歯のような力がかかるケースに最適です。

オールセラミック

オールセラミックイメージ
セラミックの美しい材質の特性を十分に生かし、天然歯とほとんど見分けがつかないほど自然で美しい見た目を再現できます。金属を一切使用しないため、歯ぐきの変色やアレルギーの心配がありません。

メタルボンド

メタルボンドイメージ
金属フレームの上にセラミックを焼き付けた被せで、セラミックの審美性と金属の強度を兼ね備えております。陶材を使用しているので違和感もなく強度性もあり、長期の使用でも歯の変色もなく美しい歯を維持できます。

上記の歯科材料は一例です。庄野歯科ではこちらに記載されていない材料でも、患者さまに合った材料を使用した被せ物や詰め物をご提供させていただきます。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888