スタッフ紹介

理事長紹介

理事長

理事長の写真

所属学会

  • ・濱州医科大学烟台市口腔医院名誉教授
  • ・南カリフォルニア大学客員研究員
  • ・ICOI(国際インプラント学会)
  • ・ICOI アジアセクションディレクター
  • ・JAID副会長
  • ・ISO理事
  • ・四国SJCD会員
  • ・AO所属
  • ・EAO所属
プロフィール
徳島県出身・昭和大学歯学部卒業・昭和大学歯科病院第2保存科にて臨床、研究、教育に従事。九段セントラルビル歯科(千代田区)、諏訪歯科(横浜市金沢区)、鶴見歯科(練馬区)、秋山歯科(中野区)その他を経て現在の歯科医院を開設

理事長の歯科専門書出版

オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズの写真

オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ

Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
Vol.2 術後管理編
Vol.3 口腔機能回復編

全国書店およびインターネットシエン社、amazon.co.jpまたはhigashiyama.co.jpにて発売中!

Vol.1 プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング

Vol.1 プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング
監著:庄野太一郎・五十嵐一・鈴木仙一・脇田雅文・森本太一朗
著者:天川智央・長谷川孝・村松弘康・長尾龍典・岩城正明

A4判 158頁 / 18,900円(税込)

1章 インプラントは健康寿命を延ばす
2章 側貌分析・分類およびプロファイルType
3章 プロビジョナルストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング
4章 リハビリテーションのための口腔周囲筋の役割
5章 プロビジョナルストレーションの製作方法と最終補綴への移行

内容
インプラント埋入即時プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングについて豊富な資料と写真で解説しました。抜歯後即時インプラント埋入・即時荷重が横行し、トラブルが多発している現状に警鐘を鳴らすべく、総勢11名の執筆により完成した、オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ第一弾です。
咀嚼筋・表情筋が衰えた多数歯欠損および無歯顎患者に対し、適切な筋肉、咬合様式を回復してから最終補綴物を装着し、顔貌とQOLの向上を達成するためのツールとして役立ちます。

Vol.2 ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

Vol.2 ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア
監著:庄野太一郎・鈴木仙一・五十嵐一・天川智央・森本太一朗
著者:新井聖範・今井恭一郎・岩城正明・越前谷澄典・川口和子・長尾龍典・長谷川孝・村松弘康・安岡大志・脇田雅文

A4判 160頁 / 18,900円(税込)

1章 超高齢社会における正しいインプラント治療のあり方
2章 超高齢社会におけるインプラント治療のための内科学
3章 ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケアとは?
4章 ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケアの実践
5章 長期的観点から見たインプラント補綴の上部構造の材料、設計および装着方法
6章 インプラント4,706本を即時機能回復における即時荷重で応用した統計からわかること

内容
本書は、『Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編 プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング』の第二弾。コンサルテーション後のインプラント治療決定率を大幅に上げたVol.1の内容に加え、現在の超高齢化社会におけるインプラント治療を行う際の注意点についてフォーカスを当てている。患者の多くが有病者となりつつある現状で、術前検査、全身疾患の把握、緊急時に使用する薬剤の知識は必須である。

Vol.3 オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用

Vol.3 オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用
監著:庄野太一朗・五十嵐一・鈴木仙一・天川智央・森本太一朗
著者:新井聖範・岩城正明・川口和子・長尾龍典・長谷川孝・村松弘康・脇田雅文

A4変型判 144頁 / 18,900円(税込)

1章 オーラル・フレイルの予防とインプラント治療の関係
2章 サルコペニア(加齢性筋肉減弱症)の予防とMFTの関係
3章 長期的に見てなぜインプラントの上部構造は壊れるのか?
4章 インプラントの上部構造はいつ、どこが壊れるのか?
5章 壊れないためのインプラント上部構造と壊れたインプラント上部構造のリカバリー
6章 患者184名インプラント埋入1,181本の全顎固定性即時荷重

内容
第3巻では、歯を失ったり、噛む力が減退することが、体全体の虚弱につながることを解説しています。歯を失うことで、姿勢が悪くなり咀嚼能力が低下し、耳下腺などの唾液腺への刺激が少なくなり、唾液が少なくなります。それにより、舌が乾き、飲み込むことが困難となっていきます。インプラントを埋入し、即日に仮歯を入れることで、顔貌に大きな変化が起こり、口腔周囲筋が変化し、顔が若返り、咀嚼機能が高まります。本書は、700症例以上のオールオン4などの即時荷重症例を基に、顔貌を分類し、どの咀嚼筋、表情筋を使用することで歯を失う前の顔に戻し、健康を取り戻せるかを庄野院長が歯科医学専門誌より発刊したものです。

プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング Vol.1 英語版

プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング Vol.1 英語版の写真
『Orofacial muscle training during the provisional restoration therapy』

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888