当院の診療案内

インプラント

失った歯をよみがえらせるインプラント治療

庄野歯科では確かな実績がございます

インプラントイメージ写真
インプラントは、歯のなくなったところに人工の歯根を顎に埋め込み土台を作ります。顎の骨に直接固定された状態なので、自分の歯と同じような感覚を得ることができ、歯が一本だけ抜けた人から一本残らず抜けてしまった人まで、幅広く活用できます。メンテナンスにも継続して来院していただき、良好な口腔内を維持していくことが大切です。

あごの骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をすることができます。また、見た目も自分の歯のように自然に仕上げることができるので、人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しむことが出来ます。インプラント治療で日常の楽しさを取り戻してみませんか。

インプラント手術の基本的な流れ

ドリル イメージ
(1)ドリル

インプラント埋入 イメージ
(2)インプラント埋入

アバットメント装着 イメージ
(3)アバットメント装着

アバットメント装着完了 イメージ
(4)アバットメント装着完了

クラウン装着 イメージ
(5)クラウン装着

インプラント手術完了 イメージ
(6)インプラント手術完了

インプラント治療を失敗しないために

インプラント治療を失敗しないために、歯科医院選びは大切です。
庄野歯科ではカウンセリングをしっかり行い、インプラント治療や手術の方法、またアフターケアや費用など、十分に説明します。患者さまが納得していただき、ご理解いただいたうえで治療を進めます。
CTなど検査や設備が充実しており、インプラント治療の失敗リスクを最小限にしています。

  • インフォームドコンセント(説明と同意)が徹底されているか?
  • 衛生管理がきちんとしているか?
  • 歯科用CT・オペ室など、インプラント治療に必要な設備が整っているか?
  • メンテナンスがしっかりしているか?

庄野歯科では、これらをすべてクリアしています。
当院ではインプラント症例数も多いため安心して治療を受けていただけます。痛みの少ない静脈内鎮静法を用いて手術を行いますので、手術に不安感があるという方もストレスを感じる事なく手術を受けることが可能です。

インプラント治療の保障

1.安心の記録

当院では全てのインプラント手術症例においてビデオ撮影を行っております。
記録を残すことにより手術後の説明やトラブルの解決に役立てています。

2.安心の保障

インプラント治療の保障は、手術した日から10年です。
10年間においていかなるトラブルがおきた場合でも、再治療に際しての料金はいただきません。
また、10年という期間につきましてはインプラントが10年くらいしか保たないという意味ではありません。
10年間トラブルがなければ、ほぼ一生使用出来ると考えて良いでしょう。

インプラント手術時のリスク

1.血管や神経の損傷

インプラントの穴を開ける際に、大事な血管や神経を誤って傷つけてしまうことがあります。CT撮影を行わずにインプラント手術を行うと、このような事故が起こる場合があります。

2.骨の貫通、上顎洞への突き抜け

骨の状態をよく把握せずにインプラント手術を行うと、インプラントの穴をほる段階で方向を間違えて骨を貫通したり、上顎洞と呼ばれる副鼻腔にインプラントが突き抜けたりすることがあります。こちらもCT撮影を行わない場合に起こりがちなトラブルです。

3.オーバーヒート

インプラントの穴を開ける際に、ドリルの回転が強すぎたり、力がかかりすぎると、骨が火傷を負った状態(オーバーヒート)となり、骨が壊死してしまいます。こちらはインプラント治療に未熟な歯科医師によって起こる場合がほとんどです。

4.細菌感染

きちんと消毒滅菌がなされていない器具を使って手術を行なったり、口腔内が不衛生な状態で手術を行うと、インプラントを行なった傷口より細菌感染を起こすことがあります。

当院のインプラント手術
当院では、インプラント治療の経験豊富な歯科医師が、衛生管理を徹底した環境でインプラント手術を行っています。また、インプラント手術を行う前に必ずCTスキャンを行ない、あごの骨の状態をしっかりと把握した状態で安全・確実な施術を行いますので、安心して治療を受けていただくことができます。

インプラント治療後のリスク

1.インプラントが骨とくっつかない

骨不足や骨の質が悪い、細菌感染、インプラントに異常な力がかかった、というようなことが原因でインプラントと骨がうまくくっつかない場合が稀にあります。

2.インプラント周囲炎

お口の清掃状態が悪かったり、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ったりすると、インプラントの周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが長持ちしないことがあります。

治療後のメインテナンス
当院では、インプラントが入った後も、インプラントを長期的に使っていただけるよう、メインテナンスにも力を入れております。

インプラントのデメリット

1.治療費が高額

インプラント治療は保険が適用されませんので、どうしても他の治療に比べると高額になってしまいます。

2.手術を受ける必要がある

ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む手術が必要になります。麻酔はしっかりと効いた状態で行いますので、痛みを感じることはほとんどありませんが、重度の全身疾患がある方でリスクが高い場合には手術が行えない場合があります。

3.治療期間が長くかかる

インプラントは、骨の状態にもよりますが、骨と結合するまでに数ヶ月を要します。そのため、最終的に人工歯が入るまで、通常3ヶ月〜6ヶ月ほど治療期間がかかってしまいます。

インプラントの治療費・治療期間について
インプラントは治療費が高額にはなりますが、しっかりとお手入れをすれば半永久的に持たせることも可能な治療です。つまり、他の治療と比較して結果的に長く持たせることができるため、一概に高額とも言いきれない部分もあります。
また、治療期間は他の治療に比べて一般的に長くかかりますが、場合によってはすぐに仮歯を入れることも可能ですので、ご相談ください。

インプラントの費用

インプラントの費用については、料金表ページをご覧ください。

インプラント関連MENU

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888