当院の診療案内

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病イメージ
歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。
主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。
成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。
歯周病の治療は進行具合によって、プラークや歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして治療が一段落しても家庭でのケア(歯磨き等)歯科医院での継続的な治療、その両方が必要です。

歯周病の原因と、歯周病を悪化させる要因

灰皿にたばこ

歯の掃除の様子

(1)プラーク
(2)タバコ
(3)糖尿病
(4)歯石

プラーク

歯周病の1番の直接的な原因はプラークです。
プラークとは虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりです。

タバコ

タバコを吸っている人は血流が悪くなり歯周病が進みやすく、炎症がおきてしまうとなおりにくく、プラークもつきやすくなり歯肉の色も黒ずんできます。またタバコを吸っている人は、歯周病のサインである歯茎の炎症や出血が起こりにくくなるため、症状を見逃して対処が手遅れになることも珍しくありません。

糖尿病

身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。また、歯周病にかかっていると糖尿病を悪化させる逆の関係があることも最近わかってきました。

歯石

歯石は通常の歯磨きではとれません。
歯石のざらついた表面にどんどんプラークが蓄積してしまい、歯磨きをしても落ちないので歯周病がどんどん悪化してしまいます。

歯周病は体の病気とも深く関係しています

歯の治療の様子
歯周病は歯を失う原因というだけでも怖い病気ですが、それ以上に恐ろしいのが全身の病気との関連です。歯周病を引き起こしている細菌やその細菌が産生する物質が血管や呼吸器に入り、様々な病気を起こすことがわかっているのです。

歯周病と関連が深いと言われている病気
・糖尿病
・心疾患(細菌性心内膜炎、狭心症、心筋梗塞)
・脳梗塞
・誤嚥性肺炎
・早産、低体重児出産
・糖尿病
・関節炎
・腎炎
・メタボリックシンドローム
・アルツハイマー型認知症

歯周病を予防、治療していくことで、このような病気の発症リスクを下げることができます。そういった意味でも歯周病ケアはとても重要です。つまり、歯周病を治療することは、歯を長持ちさせるためだけではなく、体の健康を保つためにも非常に大切なことだと言えるのです。

歯周病、こんな症状があったら要注意!

顔を押させる女性
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯磨きをすると血が出る
  • 歯茎が下がってきている
  • 歯と歯の間にものが詰まりやすくなってきた
  • 口の中が粘つく
  • 口臭を指摘される
  • 時々歯が浮いたような感じがする
  • 冷たいものでしみる歯がある
  • 歯が出っ歯になってきたような気がする
  • 歯がぐらつく
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯石がついている

当てはまる症状が1つでもあるなら、歯周病の可能性があります。心当たりのある方は早めに歯科を受診しましょう。

歯周病の治療法

歯周病の治療法は、歯周病の進行度合いによっても変わってきますが、軽度であれば丁寧な歯磨きだけで治ることもあります。軽度なほど治療も簡単になり、治りも良くなりますので、早めの対策が大事です。

軽度の歯周病

歯周病が軽度の場合には、歯磨きの仕方を改善するだけで治ることがほとんどです。歯石がついている場合には専用の器具を使って歯石を落とす必要があります。

中等度の歯周病

歯周病が中等度にまで進行すると、歯の表面の汚れだけでなく、歯と歯茎の間に深い溝(歯周ポケット)ができ、その部分に歯石や汚れが溜まりますので、それを丁寧に落とす治療が必要になります。

重度の歯周病

歯周病が重度になると、歯を支えている骨が大幅に吸収してなくなってしまいます。歯の表面、歯周ポケット内の歯石や汚れを落とす治療だけでなく、必要に応じて歯周ポケットを浅くする歯周外科手術、歯を固定する治療、かみ合わせを調整する治療などを行います。

骨がほとんどなくなってしまうほどひどくなると、抜歯をする必要があります。

家庭のケアと歯科のケアの継続が歯周病を予防します

歯を磨く女性

患者に説明する医師

歯周病の治療は一度やったら終わり、というものではなく、家庭での毎日の歯磨きケアと定期的な歯科でのメインテナンスを行う必要があります。それを続けてこそ、初めて良い状態を維持し、歯周病の再発を防ぐことができます。

良い状態を維持することができれば、一生ご自分の歯で噛んでいくことも十分に可能です。

歯周病の直接的な原因は、歯の周囲にたまるプラークですので、一番大事なのはご家庭でのケアで歯垢を溜めないようにすることです。そのためには、正しい歯の磨き方を実践する必要があります。間違った磨き方をしていると、せっかくの努力が無駄になってしまうからです。

歯科医院での歯磨き指導で正しい磨き方を身につけ、定期的にプロのケアを受けることで歯周病を確実に予防していきましょう。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888