当院の診療案内

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病イメージ
歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。
主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。
成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。
歯周病の治療は進行具合によって、プラークや歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして治療が一段落しても家庭でのケア(歯磨き等)歯科医院での継続的な治療、その両方が必要です。

歯周病の原因と、歯周病を悪化させる要因

灰皿にたばこ

歯の掃除の様子

(1)プラーク
(2)タバコ
(3)糖尿病
(4)歯石

プラーク

歯周病の1番の直接的な原因はプラークです。
プラークとは虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりです。

タバコ

タバコを吸っている人は血流が悪くなり歯周病が進みやすく、炎症がおきてしまうとなおりにくく、プラークもつきやすくなり歯肉の色も黒ずんできます。またタバコを吸っている人は、歯周病のサインである歯茎の炎症や出血が起こりにくくなるため、症状を見逃して対処が手遅れになることも珍しくありません。

糖尿病

身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。また、歯周病にかかっていると糖尿病を悪化させる逆の関係があることも最近わかってきました。

歯石

歯石は通常の歯磨きではとれません。
歯石のざらついた表面にどんどんプラークが蓄積してしまい、歯磨きをしても落ちないので歯周病がどんどん悪化してしまいます。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888