歯科コラム
歯科コラム

インプラントの痛みはどれくらい?

皆さまは、「インプラント治療」について、どのような印象をお持ちでしょうか。 昨今、耳にされる機会が増えてきたことと思います。 自然歯奥深くの神経。歯髄(しずい)と呼ばれる組織にまで症状が進行したため、歯を抜かない治療法(保存療法)を断念せざるを得ない状態や、骨格上に何らかの問題が生じ、抜歯を行わなければならない状態にある虫歯や歯周病の、新たな治療法として知られているだけではありません。 ご自身や、お子様の歯並びにご不安を抱いておられる方、あるいは「好きなタレントのように美しい歯並びを手に入れてみたい」と、憧れやご興味を持たれている方であれば、歯列矯正としてお馴染みかも知れませんね。 従来の、詰め物や被せ物による虫歯治療法や、入れ歯による歯列矯正よりも、大きく審美性と耐久性に優れていて、自然歯に近い「第三の歯」を手に入れることが可能であり、施術後も定期的な検診や、丁寧な歯みがきによるメンテナンスを怠らなければ、より良い状態をさらに長く保つことが出来るインプラント。 しかし、外科的要素が強い大掛かりな施術であるが故に、費用面や通院回数のほかの気になる点として、「痛み」や「怖さ」を挙げられる方もいらっしゃることでしょう。 そこで、インプラント治療における「痛み」についてご説明させていただきます。 当庄野歯科医院で、施術をご検討される前のご参考として、ご一読くだされば幸いです。

インプラントの術中の痛み

インプラントの術中の痛み

まずは、「痛そう」「怖そう」な印象がある施術の実情から見ていきましょう。 より美しくて長持ちする、自然歯に近い「第三の歯」から生まれる自信と、素敵な笑顔を手に入れるために、インプラント治療を受ける前の気になる「痛み」について、施術中に痛みが生じる可能性と、施術に時間がどの程度掛かるのかをご説明致します。

■インプラントの手術中は痛い?

インプラントの施術を行う際は、局所麻酔を投与するため、患者様は基本的に痛みを感じることはありません。 麻酔の効き方に個人差がありますが、万が一途中で麻酔が切れた際も、適時追加投与を行いますので、ご安心ください。 また、インプラント治療に定評のある当医では、局所麻酔より負担が少なく不安や緊張感を解す作用のある麻酔を用いた、静脈内鎮静法も行っていますので、お気軽にご相談ください。 麻酔の種類ひとつに至るまで、患者様のお心に寄り添った、痛くない治療をさせていただきます。

■インプラントは入院が必要?

施術に際し入院は必要なく、日帰りで施術が可能です。 掛かる時間は、通常30分程度ですが、患者様の症状によっては人工歯根を埋入した後、大掛かりな顎の骨の再建手術などを行う必要もありますので、施術の完了までに一時間半程を要するケースもあります。

インプラントの術後の痛み

施術後に生じる痛みの種類として、主なものには以下の3点が挙げられます。 ・「外科的手術」を行ったことよる痛み ・「骨の造成」から生まれる痛み ・「抜歯を行う際」に感じるチクチクとした痛み 施術後から、どの程度期間が経過したかによって、痛みの種類は異なります。 それぞれの痛みを種類ごとに見ていきましょう。

■インプラントの術後は痛いのか?

人工歯根埋入後、麻酔が切れてからの2、3日間は、他の治療後に見られる、抜歯後に近い痛みがあります。痛み止めを処方致しますので服用しましょう。 施術時に骨量(不足していると治療自体が困難ですが、当院ならしっかりサポート致します。他の歯科医院で施術をお断りされた方も、ぜひ、ご相談ください。)補填剤投与や、顎の骨を削り高さ調整を行った場合、施術後4、5日間頃に、腫れを伴う痛みがあります。 施術から一週間が経過する頃は抜歯を行うため、チクチクとした痛みが感じられます。

■インプラントの仮歯期間は痛い?

埋入された人工歯根が、完全に根づくまでの約一か月間。いわゆる「仮歯」期間中は、それ自体に痛みは、ほぼありませんが、歯に負担を掛けることや患部に強い衝撃が加わることで、痛みが生じる可能性がある期間にあたります。 かたい物を食べることは控えて、鼻をかむ際にも、そっと、かみむようにしましょう。 仮歯を填めないままの状態で過ごすことは、「歯がない」外見的な問題が生じるだけではなく、噛み合わせの面においても完治の妨げとなるため、不便ではありますが必要な期間といえますので、適切に過ごしましょう。

インプラントで痛みが出ないために

インプラントで痛みが出ないために

施術から約一か月が経過し「仮歯」期間も終えた後も、控えていただきたい注意点がありますので、ご説明致します。 施術が済んだ当日からは、出来るだけ安静な日常生活を送ることを心掛けましょう。 高過ぎる設定温度での入浴やシャワー、激しい運動は、体の血流を良くし、患部の血行も促進させることによって、疼きや痛みが生じてしまうため、控えておくことが賢明です。

■インプラントの術後に痛みが出ないためにできること

ほかにも、辛い食べ物を食べることや、お酒や煙草といった嗜好品が原因で、施術後の痛みや炎症が増してしまうことがあるため、飲酒や喫煙などの生活習慣がある方は、控えておきましょう。 特に喫煙は、インプラント治療自体が失敗に終わる最悪のケースを招く可能性があり、歯科学的見地から見ても大変危険な生活習慣です。

■インプラント後にこんな痛みがある場合要注意

インプラント治療は、決して、施術完了=完治ではありません。ここからは、メンテナンス方法についてもご説明致します。 いくつかの注意点を守ったにも関わらず、痛みが治まらない、患部の腫れが引かない場合は、残念ながら施術後の経過が良好ではない可能性を疑いましょう。 施術後に状態が悪化した原因としては、「痛みがマシになったから」と自己判断を行い、用法・用量に則って痛み止めを服用していない(本来、痛み止めは、痛い時にだけ飲めば良いものではありません。注意しましょう。)、歯みがきの際に力加減を誤ることにより、患部に刺激を与える、あるいは傷つけてしまっているケースなども考えられます。 ご不安な点は、施術後のアフターフォローも万全な当院へご相談ください。

まとめ

ここまで、皆さまとご一緒に気に、なるインプラント治療における「痛み」とデリケートな仮歯期間の過ごし方、施術完了後をトラブルなく過ごせるコツについて見てきましたね。 不安や胸のつかえを、取り除くことは出来たでしょうか。 基本的に、施術中は局所麻酔が効いているため、痛みを感じることはなく、施術後に生じる痛みや腫れには、それぞれに応じた対処方法があります。 痛み止めを適切に服用し、いくつかの注意点に留意し日常生活を送っていれば、悪化する心配がほとんどないこともお分かりいただけたと思います。 【大阪キタ】北浜・淀屋橋近くの歯科医院をお探しならぜひ、https://www.shono-implant.jp/ へ。 安全で痛みも生じにくい、適切なインプラント治療は、庄野歯科医院院にお任せください。 コミュニケーションを最優先とし、実績と患者様からの信頼を積み重ねた理事長・庄野 太一郎(しょうの たいちろう)が掲げる「世界標準の歯科治療へ向かう。」理想のもと、患者様の笑顔を第一に考えて、施術前のご相談からアフターフォローまで、お一人おひとりのご希望に応じた診察を行っています。 中でも、インプラント治療においては、施術に対する恐怖感が強い患者様へのご配慮として、静脈内鎮静法を採り入れています。 随時、無料個別相談も受けつけておりますので、まずは、お気軽にお問合せください。 皆さまの、自信と素敵な笑顔へ続く第一歩を踏み出すきっかけに、インプラント治療を通じて携われることは当院にとりましても、大きなよろこびです。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888