歯科コラム
歯科コラム

インプラントで口臭が出るって本当?対策はある?

インプラントは治療後の見た目が、非常に美しく、自然の歯のように見せることができます。それで治療費が高額になるとは言っても、メリットの多さからインプラントを選択する人は多いのです。

しかしインプラント治療を受けた後に、口臭が気になり始めたという方もおられるようです。この記事では、インプラント後に口臭が発生する原因や対策法について解説していきます。

インプラントで口臭が発生する原因

インプラントで口臭が発生する原因

確かにインプラント治療をした後に、口臭が発生するケースがあります。主な原因を紹介します。

■インプラントの磨き残しで口臭

最初の理由として、挙げることができるのは磨き残しです。インプラントをすると、元々の歯と人口歯冠の間には、段差ができてしまうのは避けられません。歯と歯の隙間には、汚れが溜まりやすいものですが、段差が大きくなるとプラークが溜まりやすくなります。

プラークが溜まってくると、細菌が繁殖することになり、細菌の増殖が口臭の原因となります。しっかりと磨いているつもりであっても、細かな段差に汚れや食べかすが詰まってしまうことがあるのです。歯磨きの仕方に癖があると、磨き残しをしている場所が出来てしまいます。

インプラント治療後に口臭が気になる人は、正しい磨き方ができていなかったりすることが多いので、口内環境が悪化します。それで口臭が気になりだしたのであれば、歯磨きの習慣を考え直す機会となるでしょう。

■インプラントで周囲炎になり口臭に

インプラント治療が原因で、周囲炎になるということも口臭の原因となりえます。通常の口臭も歯周炎を起因とすることが多いですが、インプラント治療後には歯肉に炎症が起きる周囲炎になることがあります。

インプラント周囲炎になると、歯茎が腫れてきたり、出血したり、膿が出てきたりします。雑菌が入って炎症を起こした結果であり、血液や膿は口臭の原因となります。周囲炎になるとただ口臭が気になるだけでなく、インプラントが抜け落ちるリスクもありますので、口臭が気になるのであれば、普段のケアを見直す必要があるでしょう。

インプラントで口臭があるのか気づく方法

口臭が気になる場合には、他の人に言われて初めて気にしだしたという方もおられます。できるのであれば、自分で口臭があるのか確認して、早めに対処をしていきたいものです。口臭があるのか、判断する方法を見ていきましょう。

■自分で口臭を簡単に確認する方法

自分で出来る口臭を確認する方法を試してみましょう。

●唾液のニオイを嗅ぐ

唾液のニオイも口臭を判断する要素となります。唾液のニオイを嗅いでみて、臭いと感じるかチェックしてみましょう。自分でも臭いと感じるのであれば、口臭がある可能性があります。

●コップに息を入れて嗅ぐ

コップに自分で息を吐き、吐いた息を嗅いで臭いをチェックします。コップに息を吐いた後に、蓋をしておきます。深呼吸をした後に、コップの中の息のニオイを嗅いでみましょう。

少しでもニオイを感じるのであれば、口臭があるかもしれません。ビニール袋などで代用もできますが、ビニール袋自体に臭いがあるのか確認しておきましょう。

●デンタルフロスのニオイを嗅ぐ

デンタルフロスは、歯と歯の隙間の汚れを取りますので、フロスのニオイを嗅いでみます。フロスに臭さを感じるのであれば、やはり口臭がある可能性があります。

●舌を見る

鏡で自分の舌を見てみましょう。健康な人の場合は、ピンク色をしているのですが、舌に舌苔と呼ばれる白い苔が付くことがあります。少しであれば問題ないでしょうが、舌苔が多いと口臭の元になりえます。

■生理的口臭の場合もある

口臭が発生する原因として、生理的口臭の可能性もあることを覚えておきましょう。生理的口臭の場合は、誰にでもある口臭で、起床直後、空腹時、緊張時などに口臭が強くなります。

これは、唾液の分泌が少なくなり、細菌が繁殖して口臭の原因である揮発性硫黄化合物(VSC)が増殖してしまうからです。歯磨きをすることで、細菌やVSCが減少すると口臭が弱まることになります。

また水分を良く摂取することや、食事をすることも唾液量を増やすことになり、口臭の原因を無くすことになります。水分や食事をした時に、口臭が弱まるのであれば、生理的口臭の可能性が高いでしょう。

別の原因として、女性のホルモンバランスもあります。生理や妊娠時などのホルモンバランスが変化する時に、口臭がある可能性があります。それだけでなく、成長に伴って身体のバランスが変化することも口臭の原因です。

インプラントで口臭が発生する場合の対策

インプラントで口臭が発生する場合の対策

インプラントが原因で口臭が発生しているのであれば、どのように対策をするのが良いでしょう。正しいケアと口臭対策を見ていきましょう。

■インプラントの正しいケアで口臭対策

まずはインプラントの後の正しいケアを身に着けましょう。インプラントは高額な治療であるとともに、口内環境が変わるので、正しいケアが求められます。食事やおやつを食べた後はもちろんですが、1日1回は30分ほどかけて、しっかりと歯磨きを行います。時間をかけることで、磨き残しが少なくなります。

歯と歯の間に歯ブラシを当てて、縦方向にブラッシングをしたり、歯と歯茎の間に歯ブラシを当てて、横方向に動かすブラッシングしたりすることが重要です。正しいブラッシングは、様々な方向から歯ブラシを動かすことが必要になるのです。

正しいブラッシングの助けとして、ワンタフトブラシという奥まで届く歯ブラシを使ったり、デンタルフロスなどを活用することもできます。グッズを使い分けて、磨き残しがないようにケアしましょう。

時間がある夕食の後などに、テレビなどを見ながら丁寧に歯磨きをすると、インプラントを原因とする口臭を防ぐことができます。また定期的に歯科に通うことも必要です。丁寧なブラッシングをしていても、歯の奥などに磨き残しがある可能性があります。3ヶ月に1回ほどは、歯科へと通院し処置を受けます。

歯科医院でプラークがついていないかチェックしてもらい、メンテナンスを受けることで、インプラントのケアだけでなく、口臭対策をすることができるのです。

■インプラント以外で口臭が発生していないか

インプラント以外で口臭が発生している可能性も疑いましょう。これまでの内容で、口臭の原因が見当たらない場合、インプラント以外に口臭の原因があることもあります。

●舌の汚れ

舌が汚れていると、口臭の原因になることがあります。既述しましたが、舌苔は口臭の原因になります。舌が汚れていることから始まり、苔がついてしまうと口臭の元になりますので、定期的な舌の手入れや、薬用マウスウォッシュなどを活用して、ケアを行いましょう。

●虫歯

虫歯というものは虫歯菌が繁殖して、酸を作り出す事に起因しているので口臭の原因になります。しっかりと歯磨きをしていれば、問題がないでしょうが、もし歯磨きがおろそかになっているのであれば、虫歯も口臭の原因かもしれません。普段の歯磨きの習慣を見直してみましょう。

●身体の病気

身体の病気も口臭の元となります。例として、鼻は口とつながっているので、副鼻腔炎や咽頭炎などの炎症が原因となり、血液や膿が口の中に出てきて口臭となります。また呼吸器系の病気が原因となって、口臭となることもあるのです。

上記の主な原因を再度確認してみて、口臭の元が他に考えられるかチェックしておきましょう。

まとめ

口臭は人間関係にも影響を及ぼしますので、出来るだけ避けたいものです。インプラントを起因する口臭は、対策方法を考えたので、自分の症状に合った方法を試してみるなら口臭を避けることができます。

インプラント治療後も正しいケアをすることで、口臭を避け、気持ちの良い口腔環境を保ちましょう。
庄野歯科(https://www.shono-dental.jp/)では、インプラント治療後の患者様にも丁寧な定期検診とアフターフォローを行っております。
インプラント治療は不安なことも多いでしょうからスタッフ一同がおもてなしの心で患者様と向き合っております。インプラントのご相談は庄野歯科(https://www.shono-dental.jp/)まで。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888