歯科コラム
歯科コラム

患者の負担を最小限に抑えるオールオン4治療

オールオン4とは、ポルトガル・リスボンの歯科医師Dr.パウロ・マロが開発した画期的なインプラント治療法です。
どういった点が画期的かというと、オールオン4では、上下12本の歯をそれぞれ4本のインプラントで支えます。6本必要な場合は、オールオン6と呼ばれます。
これまで自身の歯を全て失った方がインプラント治療を行う場合、8~14本のインプラントを埋め込んで義歯を装着していました。これに比べると、オールオン4では、インプラントの本数を半数以下に減らすことができます。

インプラントを埋め込む本数と患者さんの負担は正比例

インプラントを埋め込む本数と患者さんの負担は正比例

インプラント治療では一般的に、埋め込む本数と患者さんの負担は正比例していきます。埋め込む本数が多ければ多いほど手術は長引きますし、術後の腫れもひどく、回復に時間がかかります。また、治療費用もインプラントの本数によって変わるからです。
その点、オールオン4は埋め込むインプラントの本数を4本と最小限にしているため、患者さんの精神面・費用面での負担を少なくすることができます。欧米ではすでに主流となりつつあると治療法です。

オールオン4では骨移植や骨造成の手術が必要ない

オールオン4が患者さんの負担を軽減できる理由のひとつに、オールオン4では骨移植や骨造成の手術が必要ないという点があります。
従来のインプラント治療では、自身の歯がまったくない方や、骨の薄い方、歯槽骨を失った方の場合、大掛かりな骨移植や骨造成の手術が必要でした。頬の骨などを移植するのですが、聞いただけで負担が大きい気がしませんか。
オールオン4で装着するワンピース型のパーツには、人工歯だけでなく人工歯肉も再現されています。歯肉を付着することでブリッジに強度を持たせることができ、骨移植を必要としなくなるのです。

オールオン4は手術後すぐに日常に戻れる

すぐに日常に戻れる

オールオン4の手術自体は、1日で終わらせることができます。入院が必要ありませんので、お仕事や家族の世話などで多忙な方でも安心です。手術後は仮歯を固定しますので、周囲からの見た目を気にする必要もありませんし、お食事や会話に苦しむこともなく、すぐに日常生活に戻ることができます。

既存のインプラント治療が困難な方へ

オールオン4は、既存のインプラント治療が困難とされてきた方でも手術が可能な治療法です。健康で美しい歯並びを取り戻すことをあきらめる前に、一度検討されてみてはいかがでしょうか。
関心がある場合は、庄野歯科にご相談ください。インプラント治療の講師も行っている庄野理事長が手術を担当させて頂いております。

^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888