歯科コラム
歯科コラム

入れ歯やブリッジとは違う!インプラントは他の歯への影響がないという優れた点が多い

歯を失ってしまった方の治療方として、インプラント治療やブリッジ、入れ歯などが挙げられます。保険の歯科治療としては入れ歯やブリッジによる治療を選択されている方が多いかもしれませんが、それぞれにメリットやデメリットが存在するものです。今回は、歯を失ってしまったときの治療方法をそれぞれ比較しながら、メリットやデメリットをご紹介していきたいと思います。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯と総入れ歯

取り外しが可能な義歯を用いて欠損した歯を補う、もっともポピュラーともいえる治療方法です。歯の一部を補う部分入れ歯と全体を補う総入れ歯がありますが、もともとの歯のかむ力に比べて半分以下にまで衰えてしまうというデメリットがあります。部分入れ歯の場合、クラスプと言われるとめ具を他の歯に引っ掛けて入れ歯を装着するため、健康な歯に大きな負担がかかります。そのため、本来健康的な歯を傷つけてしまう恐れがあります。また、総入れ歯の場合ですと上あごの粘膜と下あごに密着して口全体を覆うことになります。それにより、味覚や温度を感じにくくなるということが生じます。入れ歯では、それまでの健康的な歯と大きな違いが出てきてしまうのです。

ブリッジ治療

入れ歯と並ぶ治療にブリッジ治療がありますが、ブリッジ治療の場合は、歯を喪失した両側の歯を削り、一体型の人工の歯を被せる処置を行います。両側の歯がまるで橋脚のような役割を果たすことから、ブリッジと呼ばれています。この場合、両側の歯が健康的であることが条件ですが、健康的な歯を削るわけですから、将来的には歯を傷める原因にもなりかねません。また、ブリッジによって隙間の掃除が難しくなり、不衛生になるというデメリットもあります。

入れ歯、ブリッジとインプラントの違い

入れ歯、ブリッジとインプラントの違い

入れ歯、ブリッジの治療法で共通していえることは、他の健康的な歯に影響が出るということです。その点、インプラント治療の場合は、失った歯の1本1本を独立した状態で埋め込む治療のため、まわりの健康的な歯を削る必要はありませんし、咀嚼の力も元の歯と同じような強度を保てるという大きなメリットがあります。また、入れ歯のように取り外して洗うといった手間もかからないので、歯を失う前の健康な歯と同じような状態に戻せる治療法といえます。

まとめ

インプラント治療は他の治療方法と比較すると、どうしても高額というイメージがつきがちかもしれません。しかし、他の治療法とは大きく違い、歯本来の力に限りなく近く戻せるという大きなメリットがある治療法といえます。もちろん、健康的な歯を失わないことに越したことはありませんが、万が一、あなたの歯を失ってしまったときには、歯医者さんと相談しながら上記のメリットやデメリットとも照らし合わせて最善の治療法を探してみてください。


^


トップページ

お問い合わせ

088-602-8888