歯科コラム

歯科コラム

なかなか口内炎が治らない・・・口内炎ができる原因&長引く原因

口内炎を早く治したいと思っている人は多いのではないでしょうか。そんな人に口内炎に対してNG行為を紹介します。NG行為をしないだけでも治るスピードや症状が軽減されますので、ぜひ実践してみてください。また、歯医者ではどのような治療をするのかも紹介してきます。どうしても辛くて仕方がない口内炎があれば庄野歯科へ相談してください。

口内炎のできる理由

口内炎のできる理由

口内炎ができる主な原因は3つあります。歯科医学的に口内炎の原因はコレというものはわかっていませんが代表的な原因は以下の3つです。

■免疫力の低下

仕事が忙しい時期や睡眠不足が続いている時期には免疫力が低下しやすくなります。免疫力低下によって口内炎ができやすくなります。
口内炎の中にはアフタ性口内炎やアレルギー性口内炎、ウィルス性口内炎と種類がありますが免疫力の低下によって起きるのはウィルス性口内炎です。
患者さんの身体の中に「ヘルペスウィルス」というウィルスが感染していると普段は悪さを起こしませんが免疫力や体力が低下すると身体の奥から出現してきます。
休養や抗ウィルス薬の投与で症状は改善されますが体力低下とともに出現するリスクはあるので非常に厄介です。

■機械的損傷

口の粘膜に傷がつき、そこへ細菌が侵入すると口内炎になります。食事中などに間違えて頬の粘膜や唇を噛んでしまった経験はありませんか?
そのあとに口内炎ができることって多いですよね。
それはこの機械的損傷が原因で起きる口内炎です。
誤って噛んでしまうのは誰にでもありますが、毎回同じ場所に口内炎ができるという患者さんは一度歯科医院へ相談しましょう。
歯が尖っている・被せ物があっていないなど原因が見つかる場合があります。

■偏食による栄養バランスの乱れ

食事で好き嫌いがあると口内炎をつくりやすいです。これは栄誉素の中に皮膚を強くするものや修復を促すものがあるからです。
中でもビタミンB類は粘膜が傷ついたら修復する働きや免疫力を上げる働きがあります。
好き嫌いがあるかもしれませんができるだけバランスよく食事をしてバランスの摂れた栄養を摂取しましょう。

口内炎に対してのNG行為

口内炎ができた際に患者さんが注意すべき行動とはどのようなことでしょうか。これらを注意しないと口内炎が長引く原因になるかもしれません。

■口の中を不潔にしておく

傷口に共通して言えるのは清潔にしておくと治りが早いということです。傷口の中に細菌感染すると口内炎が悪化します。それならば出来るだけ清潔にしておいて治癒を早めた方が良いですよね。

■口内炎を温める

口内炎は炎症の一つです。炎症が起きているときに温めると炎症を助長させる可能性があります。

■血行をよくする

温めるのと同じような内容ですがアルコールや過度の入浴など血行をよくすると口内炎の炎症が強くなるリスクがあります。
炎症が強くなれば痛みも強くなる可能性があります。

■刺激する

口内炎が気になるのは分かりますが、歯ブラシや指などでいじらないようにしてください。変に刺激すれば余計痛みます。

■放置してはいけない口内炎もある

口内炎の中には放置してはいけない口内炎もあります。
●大きくなっていく
●複数個できている
●長期間治らない
以上のことに当てはまった口内炎があれば早めに歯科医院を受診するようにしてください。
全身疾患と関係の深い口内炎やガンなどが疑われます。

症状改善をするには?

症状改善をするには?

口内炎の症状があまりにも辛いと食事をするのも億劫になってしまいますよね。どうしても辛いと感じたら早めに歯医者へいくようにしましょう。
歯医者では以下のような治療を行って口内炎を改善・治療していきます。

■薬の塗布

痛みが強い場合は痛み止めを投薬し、基本的には抗生物質を塗り薬で使用します。塗り薬は軟膏薬なのですが口の中に塗ると不快感を覚える患者さんがいるのでパッチ薬と呼ばれる張り薬を出してくれる歯科医院もあります。

■レーザー治療

薬よりも早期に治せます。一度口内炎を焼き切ってしまうので口内炎の痛みはなくなります。

■洗口剤

口の中を清潔にするのに洗口剤を併用します。市販のマウスウォッシュよりも低刺激なので口内炎があっても痛みを感じにくいです。

■ビタミンを摂る

また他にも民間療法ですが口内炎の改善が期待できる栄養素を摂るのも一つの手です。口内炎に効く栄養素には以下のものがあります。
●ビタミンB類
●ビタミンC
ビタミンB類は粘膜や皮膚を修復する働きがあります。ビタミンCは免疫力を上げてくれて早期の治癒に必要不可欠です。
バランスよく食事をしていれば自然に摂取できる栄養素ですが、偏食や仕事の関係などでバランス良い食事ができない場合はサプリメントで補充しても効果が期待できます。

まとめ

口内炎は出来ると痛くて仕方ないです。
免疫力や体力の低下などどうしても口内炎ができてしまう状況はありますが、口内炎ができてしまったら早く治すような努力をしましょう。
また療養中は口内炎にNGな行動をとらないように注意してください。

歯科治療・インプラント治療に関する
お問い合わせ・カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

0120-013-0500120-013-050

【月~金】午前 9:30~13:30  午後 15:00~19:30
【土】  午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日 / 日・祝

ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
PAGE
TOP