歯科コラム

歯科コラム

総入れ歯 VS オールオン4で見る!オールオン4のメリットは?

現在の高齢者の多くは入れ歯をしているのではないでしょうか。昔とは違って現在は、全く歯がない総入れ歯の方でもインプラント治療によって歯を手に入れることができるようになりました。また、オールオン4により身体への負担を軽減し、さらには治療費用負担を抑えたインプラント治療が人気を呼んでいます。さっそく庄野歯科と一緒に見ていきましょう。

オールオン4と総入れ歯のメリット・デメリット

オールオン4と総入れ歯のメリット・デメリット

■オールオン4
オールオン4は、自分の歯のように咀嚼機能が優れていることから食べる楽しみを味わうこともでき、身体も健康になります。また、見た目にも美しく審美性があります。一方で外科的治療であり保険適用外であるため治療費が高額になります。

メリット
●咀嚼機能が優れている
●固定されているので食事の際に影響がない
●審美性がある
●一度に歯を手に入れることができる

デメリット
●外科的治療になる
●保険適用外である為治療費が嵩む
●失敗やトラブル回避のためメンテナンスを怠ってはならない

■総入れ歯
総入れ歯は、保険適用で治療することができます。しかし、自分の歯ではないことから咀嚼機能が低く、歯茎が痩せてしまい義歯が合わなくなるといったトラブルも頻繁に起こります。また、使用していると外れてしまうこともあります。

メリット
●保険適用での治療が可能
●治療による失敗のリスクが低い

デメリット
●咀嚼機能が低い
●入れ歯が分厚い為、口の中に違和感を感じる
●歯槽骨の吸収が進んでしまう
●歯茎や痩せて義歯が合わなくなる
●使い方によって外れてしまうことがある

入れ歯の方がインプラント治療を行うと

長年入れ歯を使用している方の歯茎は骨が痩せてしまっていることが多く、インプラント治療を行う際は支えるだけの十分な骨がない場合もあります。しかし、近年では骨造成により骨量を増量させることができ、インプラント治療が身近なものとなりました。骨量が少ない方でもオールオン4であれば、骨造成なく治療可能となる可能性が高くなります。今までは、顎の骨が十分にあることがインプラント治療を行う上で大切な要素でしたが、近年では変化を遂げていることが分かります。

オールオン4によりアンチェイジングできる

オールオン4によりアンチェイジングできる

オールオン4により咀嚼機能を高めることができることから自分の歯に近いところにまで歯を回復させることができます。その結果、口元の筋肉を鍛え、シワやたるみを改善させ、若返りの効果であるアンチェイジングを期待することができるのです。
今まで入れ歯の時は口元に自信がなく、人に見られたり笑顔を作ることさえも自信がなかった方がオールオン4治療により見た目もキレイな口元に、そして、表情も気持ちも明るく過ごすことができるようになります。

歯科治療・インプラント治療に関する
お問い合わせ・カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

0120-013-0500120-013-050

【月~金】午前 9:30~13:30  午後 15:00~19:30
【土】  午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日 / 日・祝

ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
PAGE
TOP