歯科コラム

歯科コラム

【インプラント選びのポイント】入れ歯やブリッジとの違いとは?

義歯を検討している方は、インプラント治療を選択肢として提案された時に他の治療法と迷ってしまうかもしれません。インプラントのように歯を補う治療法としてよく知られているのは、入れ歯やブリッジでしょう。さらに最近では、インプラントを応用した入れ歯もあるのをご存知でしょうか。多くの場合は、これらの選択肢の中から歯医者さんとよく相談して最終的には自分で選びます。そこで今回は、庄野歯科がそれぞれのメリットや違いについて説明していきます。治療法を検討する際に参考にしてみてくださいね。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは顎の骨にボルトを埋めて、その上に被せ物を装着します。実際の自分の歯のように顎の骨に埋めるのが特長で、歯科医療の中ではまだ歴史が浅い治療法です。的確なメンテナンスを怠らなければ数十年持つといわれています。
インプラント治療は熟練された技術と豊富な経験が必要で、インプラントの専門医や認定医を持っている歯医者さんに治療を任せた方が良いです。
インプラントの基本構造は、上部構造・フィクスチャー・インプラント体で構成されています。インプラント体とは、顎の骨に埋めるボルトのことです。被せ物を上部構造と呼び、その二つを繋げるのがフィクスチャーです。

義歯(入れ歯)とは

入れ歯は国内でも装着している人が多く、身近な人でも使用しているかもしれません。部分入れ歯から総入れ歯まで多種多様な歯の欠損に対応できるのが入れ歯のメリットです。
歯茎の状態が変わると調整が必要になるので歯医者さんへ定期的に通わなければいけません。

ブリッジとは

ブリッジは若い人~中高年の人に比較的多い治療法です。歯が1本だけなくなったときに両隣の歯を削って橋のように被せ物を被せることからブリッジと呼ばれています。
歯を削る必要があるため、両隣が健康な歯だった場合はあまりお勧めできない治療法です。

噛み心地がいいのはインプラント!

インプラントと義歯(入れ歯)入れ歯を比較してみましょう。入れ歯は装着している人の数が多く、どの歯科医院でも処置してくれます。これらは以下のことで比較できます。

1) 適用範囲が広いのは入れ歯
インプラントは1本ずつしか埋めることができませんが、入れ歯は1本だけ歯がない症例から、すべて抜けてしまった症例まで適用できます。またインプラントは手術をしなければいけないので持病がある人や高齢の人は慎重に検討しなければいけません。それに比べ、入れ歯であれば誰でもつくることができます。

2) 噛んだ感覚を得られるのはインプラント
入れ歯は粘膜や残っている歯にバネをかけることで安定させます。インプラントはボルトが顎の骨に埋まっているので、まるで自分の歯で噛んでいるかのような感覚を得ることができます。

3) 入れ歯は修理しやすい
インプラントは一度壊れてしまうともう一度ボルトを埋め直さなければいけないので、修理がしにくいです。しかし、入れ歯であれば壊れてしまっても接着剤のようなものをつければ直せます。もし出先で入れ歯が壊れてしまっても、どの歯医者さんであっても入れ歯を直す技術はあるので応急処置もできますね。

4) 壊れやすく失くしやすい
入れ歯は修理する回数がブリッジやインプラントに比べて多いです。というのは、壊れやすいという一面を持っています。他にも、入れ歯は取り外しができるので失くしてしまう人もいます。

ブリッジは保険診療が可能!

噛んだときの感覚は同じ程度

ブリッジとインプラントを比較してみると以下のことが言えます。

1) 噛んだときの感覚は同じ程度
ブリッジは歯に被せ物を装着します。インプラントのように自分の歯で噛んでいる感覚を得ることができます。インプラントには多少劣りますが、概ね同程度の感覚を得ることができると言えます。

2) 価格はブリッジの方が安価
ブリッジの方がインプラントよりも安価に制作できます。その理由としては、保険診療で治療ができるからです。

3) 外科手術がないのでブリッジの方が様々な患者さんに使用できる
インプラント治療は外科手術を伴いますが、ブリッジはその必要がないので持病を持っている患者さんにも適応できます。

4) ブリッジは健康な歯を削らなければいけない
ブリッジは歯がない両隣の歯を削りブリッジをかぶせます。両隣の歯が虫歯や既に被せ物が装着されている場合はブリッジを作るのにも躊躇しませんが、健康な歯の場合、歯医者さんはブリッジを制作するのに少し躊躇します。やはり健康な歯を削ることには抵抗がありますね。

5) 治療期間はブリッジの方が短い
ブリッジは被せ物を作る過程と同じスケジュールで制作できます。インプラントは手術後に約6か月待つこともありますが、ブリッジなら早期に装着できます。

入れ歯は調整が簡単

入れ歯は患者さんに合わせながら調整し、適合をよくしていきます。ブリッジやインプラントと比較すると、入れ歯は調整や修理が簡単というメリットがあります。長期間使用していくと歯茎が痩せることで入れ歯が合わなくなることがありますが、そんな時でも調整が簡単なので、調整しながら使い続けることができます。入れ歯はブリッジやインプラントと違って、付け外しの動作があります。その途中で壊れてしまうことあったり、患者さんの取り扱い方によっては入れ歯を落として割ってしまったという方もいます。割ってしまっても修理してその日のうちに使うことができるのは入れ歯のメリットです。

歯科治療・インプラント治療に関する
お問い合わせ・カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

0120-013-0500120-013-050

【月~金】午前 9:30~13:30  午後 15:00~19:30
【土】  午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日 / 日・祝

ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
PAGE
TOP