コンセプト

Concept
 01 
痛みの少ない治療

なるべく痛くない・削らない・抜かない治療

当院では専門の麻酔医の元、可能な限り痛み、ストレスの少ない治療を行っております。この方法により歯科に対する不安や恐怖心を取り除き、歯医者に行く事を我慢しないで、早期発見・早期治療ができる環境づくりを行っております。
また遠方の方、お忙しい方には1回の治療時間を可能な限り長く設定し、治療する範囲を拡大して通院して頂く回数を少なくする、集中治療も行っておりますので、ご希望の方はご相談下さい。

歯医者というだけで「治療の痛み」をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、インプラント手術は、通常、身体への負担の多い全身麻酔ではなく局所麻酔で行います。勿論、手術中は痛みを感じることはありません。(通常の歯の治療と同じ麻酔です。)
しかし、局所麻酔なので歯を削ったり、抜いたりする時のように意識がはっきりとしていて手術中の物音や会話が全て聞こえてしまい、緊張や不安を感じてしまう患者様もおいでます。緊張や不安は心身に大きなストレスをもたらし、場合によってはパニックになったり、呼吸・血圧・脈拍等に影響を与えてしまいます。
そこで、当院では、手術に対して恐怖心の特に強い方には、認定麻酔医(麻酔の専門医)による静脈内鎮静法もお受けしています。静脈内鎮静法は、全身麻酔とは違い患者さんは術中にも意識はあります。ですがうとうとした状態になり緊張や不安を感じないまま手術を終える事が出来ます。勿論、副作用や後遺症などありません。

静脈内鎮静法の流れ

鎮静剤を注射

鎮静剤を注射します。
しばらくすると、眠くなってきます。

局所麻酔の注射

意識が薄れ、ウトウトしている間に局所麻酔の注射をします。

鎮静管理

インプラントなどの手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。

手術を完了

その後、手術を完了します。
十分に休憩し、眠気やふらつきが無くなってから帰宅します。
管理記録

麻酔の紹介

浸潤麻酔‥‥‥一般的な治療で使用される麻酔です。注射することで浸潤したところに麻酔が効きます。
表面麻酔‥‥‥注射の痛みを和らげるために、歯肉の表面に麻酔薬を塗る方法です。
伝達麻酔‥‥‥多くの歯を同時に治療する場合に使われるもので、神経のもとに麻酔薬を入れる方法です。
笑気鎮静法‥‥意識を失うことなく、恐怖心や緊張感を和らげ、痛みを感じにくくする方法です。

庄野歯科は、患者さまの気持ちに寄り添い、みなさまにやさしい歯科医院を目指しています。

 01 
痛みの少ない治療

痛みの少ない治療
歯医者を苦手にならないよう、できるだけ痛くない治療の工夫に取り組んでいます。

 02 
丁寧にわかりやすく説明

丁寧にわかりやすく説明
患者さまと向き合って十分に意見を交換し、納得いただいて治療することが大切です。

 03 
充実した歯科医療設備

充実した歯科医療設備
最新の設備を備え、患者さまにベストな治療を受けて頂けるよう心がけています。

 04 
おもてなしの心

おもてなしの心
明るく元気なスタッフがお迎えしますので初めての方でも安心してご来院ください。

歯科治療・インプラント治療に関する
お問い合わせ・カウンセリングのお申込み

インプラント治療について不安がある方、
わからないことなどお気軽にご相談ください。

0120-013-0500120-013-050

【月~金】午前 9:30~13:30  午後 15:00~19:30
【土】  午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日 / 日・祝

ご予約・お問い合わせ 06-6310-4618
PAGE
TOP